2012年6月20日水曜日

檳榔の実

ヤシ科の植物でアジアや東アフリカでみられるものとある。
この檳榔子に石灰を加えキンマという植物の葉でくるみ
紙煙草のようにくちゃくちゃと噛む。台湾の
嗜好品だった。軽い興奮作用を覚え
疲労感を忘れさせる 常習性あり。
また、たばこを加え刺激を増幅させることもあり。
シナモンを加えるもあり、
しかし、発がん性の一因ということも分かっている
なにかに悪いもの、は
どうして求められるのか、ぎゃくに大人になって
ふと気づいてしまう。
悪いこと、は将来性がないから魅力的なのかなぁ
人間は不完全な生き物、は母の口癖だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿