2012年6月13日水曜日

アトピー性皮膚炎の原因

小学生までの子どもの二割をしめるアトピー性皮膚炎
痛み、は我慢できてもかゆみ、は我慢ができない。
我慢ができないので特にかいてしまう。

佐賀大学の研究チームによってアトピー性皮膚炎の慢性化原因が解明された。
ぺリオスチンというタンパク質が他のタンパク質と結合により起こることでの慢性化が原因。
その抑制をする薬が開発されると書いてあった

人はかゆみ、にとても弱い。
痛みにはなぜか耐えられるのに、かゆくて我慢できずに血だらけになっても
無意識にかいてしまう。血はなかなか落ちず、抑制、ということをどうしたらできるのか不安になる。
どうしても手を出してしまうことは人の本能でも動物自体の本能に思う
幼かったころ、かゆさで辛かった。薬に頼るべきじゃないという文も書いたが、
なにかを抑制するには、きっと自分自身の力だけじゃ不十分なのだから
薬さまに頼るしかない。それか他人。

0 件のコメント:

コメントを投稿