2012年1月23日月曜日

雨を踏む

雨を踏んづける靴が、例えば買ったばかりの牛革の靴 ―58,000円もした靴 だとしたら、
その日はショックで、きっと家に帰ってもショックで、
物欲に絡んだ、勝利した自分の名誉が傷つけられたみたいで、
落ち込んでしまう。

「コートって、出逢いですからね」

と、ミニマム可愛い店員さんのこぎつねみたいな笑顔にずきゅんと討たれた私は、
ねずみ色のコートを購入した。

おニューを着た日に限って、雨。
何年か着ているコートの日の夜は晴れて、星まで出ていた。

世のなか不条理でできているとは
こういうことの積み重ねでしょうか?

天気予報を確認しない言い訳にプラスして、
傘を持たない賭けごと。
うっかり、今日は惨敗だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿