2012年1月6日金曜日

二度目

一度目は、初めてのこと。
それっきり、もある。偶然もあるし、成りゆきもあるし、意味がないこともあるし、
ミス、で済まされる場合もある。

Deception(2008・米)という映画を観た。
邦題は、「彼が二度愛したS」。
イニシアルSで始まることしか分からない彼女をあいしてしまった
ジョナサン(ユアンマクレガー)が、
不思議な秘密情事会員になり、恐ろしい脅しに遭うというお話し。


何事も二度目から意味が生まれるんだなと
思った。
二度目は偶然であっても約束であっても
一度目じゃない。
必然の場合。
三度目に繋がる。
一度目は、あまり意味がないのかも知れません。
一度、これっきしな時もあるだろうし、
二度目はないとよく言うでしょう
二度目が、どこかで永遠に繋がる?
それは努力次第かも相性次第かも知れませんが。


三度目のなんちゃらとも言いますが
二度目を越えた三度目。
意味を持つのは二度目。

0 件のコメント:

コメントを投稿