2011年12月28日水曜日

灰色

Young Adam
(2003・英)という映画を観ました。


全体的にグレーで、明るいか暗いかで言ったら、暗い映画でした。
映画を、明るい映画・暗い映画で区切るのはおかしいですが、
「暗くしている映画」だと思った。


「人間はいつか妥協という名の灰色の帽子をかぶる」


とは、ウッディアレンのShadows and Fog(1991)のなかのセリフ。
その一言に、わたしは妙にうんうん納得してしまいました。


灰色、グレーとは、ひとそのものの色と思う。
人は黒でも白でもない。
グレー。


まだグレーな部分がある、だなんて、
人が関与した出来事全て、はいいろだわ。


逆に灰色にして置きたいときもある。
「うふふ」でごまかしたいとき。特におとなが使う手。
でもそれは必要な手段。ずるいけど。


この映画で、ユアン・マクレガーはセクシーだった。
妊娠したのと告白する別れた彼女を冷たく散らす場面。
男の人ってそういうところがある。
回避したいときは回避する。
それは決して悪しき事じゃないと思う。
それが、意図だから。
その回避方法は灰色じゃなかったのに、結末はど、が着くほど灰色だった。
わたしは
人間っぽくて、こういう映画好きだなと思った。



0 件のコメント:

コメントを投稿