2011年10月15日土曜日

浮遊すること

浮遊する

浮遊する

ふわふわと ふわふわと ふわふわと

浮遊する


そして落ちた



そして旋回する


たった何十分か前の出来事だった。




8月に、たった一度だけお会いした方が、
その二週間後位に死んだ。
私の知人の、親しい人であった。
白いベッドの上で彼は、こう言った。
「死んでたまるか。俺はこっから抜け出すぞ」、と。

とつもなく強い、強い生き欲だなと思って、思わず涙が出てきた。
病室を出るまで、病院を出てからも、
彼の強い「生きてたい」欲が、頭から離れなかった。

ふっと何か落ちる感覚にあうと、
その彼を思いだしてしまう。
わたしは、彼の名まえしか知らない。
でも今まで出逢った人間のなかでいちばん、
生きることに対しての貪欲さを感じさせてくれたひとだった。


0 件のコメント:

コメントを投稿